logo

ベトナムへの投資をお考えの皆様へ
最新の情報をご提供します

ニュース 一覧を見る

埼玉県の上田知事は、2018年 10月、ベトナムを訪問する推定 31/07/2018 埼玉県の上田知事は、2018年 10月、ベトナムを訪問する推定

6月28日の午後、埼玉県産業労働部 企業立地課 国際経済担当 難波 明寛氏が団長となる埼玉県庁のミッションは、埼玉県上田知事の10月訪越ミッションについて外国投資局 埼玉デスクと打ち合わせた。上田知事が政府、計画投資省の幹部と面談する他に、埼玉県北部定期協議会にも出席する予定がある。

2018年初からの6ヶ月の外国直接投資の状況 31/07/2018 2018年初からの6ヶ月の外国直接投資の状況

計画投資省、外国投資局のレポートにより、2018年初からの6ヶ月、外国投資家の新期登録資本、追加、株式購入出資の合計投資額が203.3億ドルで、前年同期比と 5.7%増加。

ベトナムにおける30週年外国投資に関するカンファレンスは、2018年10月に開催予定 31/07/2018 ベトナムにおける30週年外国投資に関するカンファレンスは、2018年10月に開催予定

計画投資省のデータにより、ベトナムはプロジェットの25.949 件を誘致して、126カ国からの総登記投資額が3263億ドルを達した。その内、全案件の84%が外資100%の形式で投資されている。実行額が累計で1807億ドルに推定され、有効な登記額の56%となる。

2020年~ 2030年の新しい時代で、FDI誘致方針・戦略についてのいくつかの提案 31/07/2018 2020年~ 2030年の新しい時代で、FDI誘致方針・戦略についてのいくつかの提案

計画投資省及び世界銀行グループのメンバーであるIFCとの共催により、2018年7月09日、2020年~ 2030年の新時代FDI誘致方針・戦略についての提案に関するレポートを公表するセミナーが行われた。

ベトナムの投資環境について

経済

1986年のドイモイ改革以来、たゆまず進めてきた市場開放と世界経済との協調。公平で透明性を重視した事業環境が整っています。

政治

ベトナムは、社会主義の考え方の下で安定した政治運営を続けており、外国投資を受け入れる体制も着実に整備されてきています。

地理

中国と隣接し東南アジアの中央に位置するベトナム。その地理的優位性により、すでに多くの外国企業が投資を進めています。

人材

知識集約型産業への移行を進めるため、政府は高等教育の充実に力を入れています。また、留学する学生も急速に増加しています。

天然資源

南北に長く、内陸の高地から海岸の低地まで豊かな自然に恵まれ、農・海産物、エネルギー資源、観光資源はどれも豊かです。

産業

ベトナム各産業の現状と見通しについてご案内します。

ベトナムへの投資を始める

開業の手続き

新たに事業を始められる方のための手引き。

事業コスト

ベトナムで事業を立ち上げ、運営される際の各種手続きにかかる費用と北部・中部・南部別の物価の違いをまとめています。

従業員の雇用

従業員を雇用する際の、労働許可・各種社会保障制度・最低賃金のご案内です。

直接投資関連インセンティブ

法人税減税、スタートアップ期間の免税、土地リース料の引き下げ、輸入税の免除など、投資奨励策のご案内です。

税金・関税

法人税、所得税、輸出入における関税、付加価値税(VAT)など、税制のご案内です。

知的財産

著作権および知的所有権保護の重要性に対する認識はベトナムでもますます高まっています。

事業パートナーを探す

ベトナム国内企業72社の会社情報リストです。

ベトナム工業団地の紹介

日系企業をはじめ、多くの外国企業が入居する工業団地のご紹介です。