logo

ベトナムへの投資をお考えの皆様へ
最新の情報をご提供します

グェン・スアン・フック首相と日本の経済団体・企業との対話会

グェン・スアン・フック首相と日本の経済団体・企業との対話会 2017年6月5日に経済産業省、JETRO、ベトナムの計画投資省及び関係企業の主催で東京で開催された“ベトナム投資コンファレンス”に1.600 人が参加した。日本において初めてフック首相及び安倍総理大臣が出席し、今まで最大のベトナム投資カンファレンスであった。

セミナーで、フック首相は日系企業向けベトナムでの投資ビジネス機会につき言及した。ベトナムのメリットは政治安定、マクロ経済の安定、ビジネス環境の改善が進む点。取引コストを削減し、すべての経済部分を発展させるために必要な改善条件にも取り組み、その中で経済発展に対する民間経済も取り込む。

2017年01月のベトナム訪問のきっかけに安倍総理大臣は「ハノイを貫く雄大なホン川。その水は南シナ海(ベトナム東部海域)へ流れ込み、東シナ海を経て、東京湾の水とつながっています。その間の自由な往来を阻むものは何もありません。」と述べた。フック首相は“両国の協力開発での友情、親密、信頼の新時代を阻むものは何もありません。”と肯定した。

カンファレンスにおける、両国の各企業はビジネスマッチング会(B2B)があった。特に43件の投資許可書、契約書、覚書を締結した。これらの総投資額は220億ドルに及ぶものとなっています。

日本市場におけるベトナムの製品販売促進に興味を持って、フック首相はイオングループ及びハノイ市人民委員会によりイオンレイクタウンスーパーで開催された“ベトナムの製品ウイーク”をオープニングした。62のブースがあり、「ベトナム製」という商品の千種類をよく販売されている。

フック首相の訪日及び第23回国際交流会議“アジア未来”に出席することは日越協力関係での新時代に貢献していると言える。同時に地域におけるベトナムの積極的な役割、新時代にベトナムの強力な国際統合を肯定する。

外国投資庁は四日市市長を歓迎 08/08/2017 外国投資庁は四日市市長を歓迎

2017年07月10日、計画投資省において、外国投資庁のジャン・タン・トゥン副長官が三重県の森 智広四日市市長と面談した。

外国投資庁及びJICAの主催により、ダナン市における第3回ジャパンデスク会議が行われた。 08/08/2017 外国投資庁及びJICAの主催により、ダナン市における第3回ジャパンデスク会議が行われた。

2017年07月20日に計画投資省・外国投資庁及び国際協力機構(JICA)の主催により、ダナン市において第3回ジャパンデスク会議が行われた。