logo

ベトナムへの投資をお考えの皆様へ
最新の情報をご提供します

ベトナムの将来のことについて外国企業の楽観的な見解

ベトナムの将来のことについて外国企業の楽観的な見解 2017年6月16日の朝、ベトナム企業フォーラム(VBF) の2017年の中間会議の席上で、投資環境改善、国内投資分野と外国投資分野の間の連携強化、ベトナム企業の競争力向上のため、各国の企業協会がベトナム政府に建議、提出を行った。

ベトナムにおける日本企業協会の会長 辛島裕氏は、近年、CPIに比べて年々最低賃金の上昇がずっと高くてなって、フィリピンの主な工業分野における給与より高い。その内、マレイシアでもタイでも最低賃金の上昇を制限していると意見を述べた。最低賃金の上昇は国内需要拡大である一方、そのように速い最低賃金の上昇は、周りの国に比べて競争力の減少となる。それで、CPI増加に基づく適切な最低賃金の上昇を検討すべき。それに加え、技術移転実施、日本中小企業協力強化、中小企業発展の方法による裾野工業を発展する必要がある。

フォーラムにおけて、VCCI協会の会長 ブゥ・ティン・ロックは外国企業が、輸出金額の70%を占めて、加工工業のシェアの5%占めて、技術、資本潜在等、ベトナム経済にとって大切な役割を持っていると評価した。しかし、FDI企業と国内企業の間の協力がまだ弱いし、FDI企業は、地方企業よりも、自分の国の企業から原材料を輸入している。

VCCI は、FDI企業と国内企業の間の連携強化のため、以下のとおりにいくつかの建議を提出する。管理程度強化及び技術利用のための人材トレーニング活動の効果的な改善、トレーニングセンターにの投資進め、ハイテック投資刺激のための税制、金融に関する措置適用、ベトナム中小企業の工業団地とFDIの工業団地の間の連携強化である。

外国投資庁は四日市市長を歓迎 08/08/2017 外国投資庁は四日市市長を歓迎

2017年07月10日、計画投資省において、外国投資庁のジャン・タン・トゥン副長官が三重県の森 智広四日市市長と面談した。

外国投資庁及びJICAの主催により、ダナン市における第3回ジャパンデスク会議が行われた。 08/08/2017 外国投資庁及びJICAの主催により、ダナン市における第3回ジャパンデスク会議が行われた。

2017年07月20日に計画投資省・外国投資庁及び国際協力機構(JICA)の主催により、ダナン市において第3回ジャパンデスク会議が行われた。